自立心の強い女性

男女の分け隔てをほとんど意識していないという女性、男女の区別をはっきりとさせている女性の差はどこにあるのでしょう。
自分は女であるという自覚が強く、周囲に対しても「男である、女である」という線引きを明確にさせたがる人の場合、女性的なか弱さを極力外に出したがらない一面が多く見られます。
逆にそれは自分は女だという社会的なコンプレックスが原因かもしれません。

女だからと馬鹿にされたくないという意識が強かったり、女ではあるが男以上に頑張れるはずだという自己認識があったりすると、自立した自分の姿を理想形として設定付けている場合があるでしょう。
そう言った女性は人に頼る事を苦手としている人が多いです。
自分一人で努力もしないで、他人に頼る事は恥ずかしい事だという固定観念があるのではないでしょうか。
素直に人に甘えることを知らず、全てを自分でどうにかしようと毎日一生懸命に気を張っているかもしれません。
しかし、そういった言動を前面に出し続けていると、リラックスできるプライベートな時間や、恋人と一緒にいる時間でさえ、意地を張って自分一人で立ちまわり、仕事もプライベートも窮屈な環境となってしまうでしょう。

もしも自分を主体として考えているのであれば、時には恋人の立場に立って考えてみる時間も必要ではないでしょうか。
彼女から甘えられることを、喜ばない男性はいません。
逆にどんな場合でも決して甘えてくれない彼女を前にした時、彼としては「頼りにしてもらえていないのかもしれない」と寂しい気持ちに陥るでしょう。
素直になれないせいで彼を悲しませることは本意ではないはずです。
彼との出会いを思い出しながら、たまには素直になる努力をしてみるのも良いでしょう。

また、現在恋人がいない人であっても、恋愛に発展させたい相手がいるなら素直になる事は最重要課題といえます。
出会いアプリのようにメールでやり取りしているだけでも、言葉がきつかったり態度が冷たかったりしていないでしょうか。
アプリ上の関係だからこそ言葉の選び方は慎重にするべきですが、仲良くなるためには自分の中にあるプライドを控えめにしなければなりません。
女性も男性も恋をしたいと思うのは当たり前の感情です。
性別の隔てを忘れ、素直に甘えることを実践してみましょう。