捨てる覚悟

人が素直であるか意地っ張りであるかは、生まれ持った性格や育った環境などによって左右されるものです。
誰に対しても素直で明るい人は、他人から好かれやすい傾向があるでしょう。
思った事を内に込めたままにしておくことなく、表面に出していくことが得意な人です。
周りからすればその人の表情や気持ちが読み取りやすく、裏表のない接しやすい人と言う好印象が強くなっていくはずです。

一方で素直になる事がなかなかできず、意地っ張りな面などが目立ってしまう人はどうでしょうか。
時にそういった態度は周りの人間に対する誤解を生み、悪気はなくとも誰かを傷つけている場合があります。
そんな自らの性格に対して劣等感やコンプレックスがある場合には、他者からの誤解や傷つけてしまった誰かへの負い目を感じ、マイナスの感情をどんどん溜め込みがちになっていくでしょう。

素直な人が意地っ張りな人間になりたいと思う事はほとんどありません。
しかし反対に、意地っ張りな人は素直な人間になりたいと望んでいる事が多いのではないでしょうか。
あらゆる人間関係において、素直である事は円滑な仲を育みます。
友人関係も仕事上の関係でも同様です。
そしてもう一つ大きく関わってくる間柄としては、恋に関する他者との繋がりが挙げられます。

人との出会いに運命を感じ、恋をしたと確信したとき、その相手と親しくなりたいと思うのは当然です。
素直な人であればそのままの感情を相手に伝えられるでしょう。
しかし素直になれない人の場合には、思いを告げられないどころかむしろ突き放すような態度に出てしまうこともあるものです。
目を見て話せる相手だけではなく、出会いアプリのようにスマホ越しの関わりでも同じです。
好感を持っているのにアプリのメッセージで素っ気なくしてしまったり、実際に出会いたいと期待しているのに興味のないふりをしてしまったり、感情と行動を一致させられない事もあるでしょう。

素直になると言う事は簡単ではありません。
しかしいつまでも意地を張っていると、せっかくの出会いを逃してしまいます。
格好悪くなることを恐れず、思ったままを伝えましょう。
素直になるための第一歩は、恥や怖れを捨て去る事です。